狭小地・変形地お任せください!

ニューライズでは、木造ツーバイフォー工法を採用しています。

マイホームの老朽化、二世帯住宅への建て替えの際、敷地を有効活用する際、3階建てをご提案することが多くなっています。

鉄骨造・コンクリート造による3階建ては、重量がかさみ、基礎に費用がかさみがちになりますが、木造のため基礎費用を抑えやすく、また、耐震・耐火に優れたツーバイフォー工法は上下階2世帯住宅にはうってつけの工法です。

木造ツーバイフォー工法

ツーバイフォーとは

耐震性・耐風性

ツーバイフォー工法は、構造用製材を枠組みし構造用合板を打ちつけ、床パネル・壁パネル・屋根パネルの6面体で構成することにより、地震や台風の外力を建物全体に分散し受け止める構造になっています。
基礎はべた基礎を採用し家の荷重を基礎底板全体で受け止め湿気やシロアリを防ぎます。

耐震性・耐風性

耐久性

ツーバイフォー工法は、ほとんどの構造用製材に含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材を使用しており、室内外の温度差などで起こる結露は木材の腐朽やカビの原因となり耐久性を損なうことから、壁内結露を防ぐために湿気が入らないように対策を行います。

耐久性

耐火性

木造でありながら燃えにくく外から来る火や室内で発生した火にも強い構造です。

室内の壁や天井に耐火性の高い石膏ボードを使用し、火の通り道となる床や壁の枠組材が一定間隔で空気の流れを遮断するファイヤーストップ構造のため、火が燃え広がることをくい止めたり遅らせます。

ツーバイフォー工法は、T構造(耐火構造)のためH構造(通常木造)より火災保険料が半分以下になります。

耐火性

断熱・省エネ

構造用製材の枠組材間に断熱材を充填することで構造体自体を断熱化しやすく、熱の出入りが一番多い開口部は高断熱サッシを採用することで断熱性が高まります。

断熱性能を高めることにより、外気の温度に影響を受けなくなり暖冷房費が少なく抑えられ、室内の温度差を小さくすることによりヒートショック対策になります。

断熱・省エネ

気密・遮音

ツーバイフォー工法は、床パネル・壁パネル・屋根パネルを隙間なく組み立てる構造のためもともと高い気密性を確保しやすく、同時に室内の音が漏れにくく外からの騒音を入れない音の出入りを効果的に防ぎます。

2階建て以上では、吊天井方式で上階床と下階天井に空間を設けて、音がダレクトに伝わるのを防ぎます。

気密・遮音

家づくりの流れ

出会いからプランニング、工事、アフターまで、家づくりのスケジュールを紹介いたします。
信頼に答え、夢を形にしていくプロセスをご覧下さい。

ニューライズでは、初めての住まいづくりをお考えの方に、無料設計相談会を行っています。

1. 家づくり全般のご説明

家づくりをはじめるにあたって、何からどう進めればよいのか、わからないことも多いでしょう。
当社は、敷地を上手に生かす方法やプランニングのポイント、有利な資金計画、スケジュールなどをわかりやすくご説明。
建物の性能やこだわりについてもご紹介し、家づくりの概略をつかんでいただきます。

2. 敷地・環境調査

家づくりの計画がある程度具体的になった段階で、お客さまの了解を得、敷地環境調査を実施します(無料)敷地環境調査は、敷地をより有効に活用し、理想の住まいや快適なくらしを実現するための重要なステップ。
法的規制や道路との関係、方位、風向き、日当たり、眺望など、敷地特性や環境条件を綿密にチェックし、報告書を作成してご説明。家づくりの基本データとなります。

3. ご要望のお伺い

営業・設計担当者が、お客さまのくらし方やご新居へのご要望、条件をじっくりとお伺いするとともに、家づくりのアウトラインをご説明します。
住む方の夢をしっかりと受け止め、プロのノウハウで最大限に生かしていくのが当社の家づくり。お一人おひとりのくらしへの思いや家づくりのご質問など、何なりとお聞かせください。

4. プラン作成・検討

ご希望やご新居のイメージ、敷地環境調査の結果などをふまえて、当社の主張や提案を込めたプラン図や、CGパースを作成します。おすすめプランや設備仕様をご提案するほか、資金計画のシミュレーションも実施。
夢にお応えしながら、家づくりの楽しさをお届けします。
部屋の間取りや外観の他に、サッシや壁紙等の内部の仕様、キッチンや浴室・トイレ等の設備機器などの打合せを行います。照明器具やコンセントの位置についても打ち合わせ致します。

5. 御見積り

ご新居の全体像が見えてきた段階で、見積書をご提出します。きめ細かくご説明するほか、有利な資金計画や無理のない返済計画をアドバイス。(全体の予算組みには、自己資金・借入金・借入先・税金、さらに引越し費用などの諸費用についてご検討します。)
外構工事やガス、水道工事費といった諸費用、登記費用や家づくりにかかる税金についても、事前に確認してお伝えします。

6. プラン決定

ご家族の夢に応えながら、当社ならではの提案や工夫を盛り込んだプランの完成です。
正確で詳細な図面をもとに、ご希望が満たされているかどうかを一つひとつ入念にご確認いただきます。
すみずみまでお客さまに納得いただいた後、プランを決定します。

7. ご契約

ご契約内容をていねいにご説明し、建築工事請負契約書をとり交わします。
工事スケジュールもあわせてご確認いただきます。

8. 地耐力調査

着工に先立って、敷地の地盤を調査・確認します。
当社ではスウェーデン式サウンディング試験機やコンピュータを使って、地盤の硬軟、締まり具合などを綿密に調査。
その上で、それぞれの状況に応じた基礎工法をご提案します。
軟弱とみなされた地盤には改良や補強工事を施し、不同沈下などを未然に防いだ上で基礎工事に取りかかります。

9. 内部仕様の決定と 着工のご承認

着工前にお客さまと営業・設計・工事担当者で、建築図面をもとに内部仕様、設備などの最終打合せを行います。
造作材や仕上げ、家具などのトータルコーディネートもご提案。
照明器具やコンセントの位置などもチェックし、内部仕様が確定した後、着工のご承認をいただきます。

10. 建築確認申請 融資手続き

建築確認申請をはじめ、登記、融資の手続きなど、着工前にはさまざまな申請事項や諸手続きが発生します。
当社では、そうしたわずらわしい手続きや金融機関への対応を代行。
お客さまにお手間はとらせませんので、安心しておまかせください。

11. 地鎮祭

家づくりは、ご家族の夢を託した大事業。だからこそ、当社では、工事の節目節目に行う伝統の祭祀を大切にしています
工事の着手にあたっては、土地の神々の霊を鎮め、清めはらう地鎮祭を行い、ご家族とご一緒に工事の安全と新しいくらしの実現を祈ります。
進行はすべて当社が行いますので、お気遣いはいりません。

12. 着工~完成

工事責任者が、ご近所に挨拶に伺った後、敷地境界線の位置などをご確認の上で着工致します。
当社は、自社パネル工場で生産された壁・床パネルをクレーンなどを使用して組み立てていく快速施工。
作業の効率化とコスト軽減を追求するとともに、騒音や振動、現場の整理整頓などにも十分配慮致します。

13. 竣工検査

工事全ての工程が完了した後で、外観から室内まで、住まい全般にわたる仕上がり状況を設計・工事担当者とご一緒にご確認して頂く竣工検査を行います。
内装仕上げの出来映えを初め、各設備や家具の位置、設備機器の作動性などについて、建築図面と照合しながら隅々までご確認して頂きます

14. お引渡し

いよいよ我が家の完成です。この日よりご新居での新たな生活がスタート致します。
建物の無事完成に感謝し、ご家族のこれからの幸多い暮らしをお願いしながら、ご新居の引渡しを行います。
竣工・引渡確認書へのご調印をして頂きます。

15. ご入居・アフターサービス

お引き渡し後も当社の建物と思い、1年に4回は必ずアフター担当者がお伺い致し、建物管理、お客様の声を大切に致します。
さらに、ご家族の暮らしの成長に合わせた最適なリフォームの提案などを通じて生涯にわたるお付き合いを育んで参ります。